陰茎増大の術後のダウンタイムとは

日常生活のことを知っておこう

陰茎増大手術を受ける前には、術後のことが気になってきます。
術後のダウンタイムがどの程度かかってくるのか事前に確認しておけば、安心して手術を受けることができるでしょう。
まず、陰茎増大の手術を行った翌日からシャワーを浴びることができます。
体を常に清潔に保っておきたい人も、翌日からシャワーを浴びることができるので不満を感じることがありません。
ただ、手術を行った当日にはシャワーを利用することはできないのでこの点に注意が必要になるでしょう。
実際に湯舟に入りたいという方もいますが、陰茎増大の手術を受けてから1週間後に入ることができます。
入浴するとどうしても血行が良くなりすぎてしまうため、陰茎増大手術の直後は入ることができません。
お風呂に入ることが好きな人も、ある程度の期間は我慢する必要があります。
陰茎増大の前に、術後のことについて確認しておけば、日常生活で問題になることもありません。

性交渉までにはある程度の期間が必要

陰茎増大のダウンタイムの中でも、いつ頃性交渉ができるのか気になる人も多いです。
パートナーが存在している方の場合、できるだけ短い期間で性交渉を持ちたいと考えるでしょう。
この点については、術後2週間目から可能になっています。
大事な性器の手術を行った後には、性器部分も腫れていたり敏感になっている状態です。
その状態のまま性交渉を持ってしまうと、痛みや腫れが出てきてしまうためよくありません。
性器が落ち着くまで、ある程度の期間が必要になります。
2週間がたてば、自然に性交渉を持つことができるので、パートナーがいる人は事前に相手に知らせておくとよいです。
事前にお知らせしておけば、後からトラブルになることもなく仲良く過ごすことができます。
また、静かに過ごすためにパートナーに協力してもらうこともできるメリットもあります。
パートナーが存在している方は、術前にこの点の確認を行っておくと安心できます。

まとめ

陰茎増大の術前に、ダウンタイムのことを調べておくと安心です。
手術の翌日からシャワーを浴びることができるので、働いている男性も清潔な状態で過ごすことができます。
基本的に、日常生活を送るうえで困難を感じることはないでしょう。
パートナーがいるという方も、術後2週間で性交渉を持つことが可能です。
お互いのコミュニケーションのためにも性交渉を重視している方も、それほど待つことなく性交渉を持つことが可能になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です